【アメリカンフットボール部】 法大戦後の監督、選手のコメント

<写真・第3QにTDを決めたWR鈴木(人3)>

鳥内秀晃監督「危なかったけど何とかいけたわ。練習をあんまりできてないから、1対1で勝負せいと言った。でも、きょうは相手のミスに救われたな。秋はタイトなスケジュールになる。春で経験を積んで実力を上げてほしい。令和の最初に優勝できたら嬉しいな」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「勝てはしたが、やりたかったことを全て出せたわけではない。練習場の芝の張り替えがあり、1週間しかフィールドで練習ができなかった。ただ、1対1ではある程度勝てたので良かった。今年は関東のチャンピオンを倒すまでは終われない。まず春シーズンはファンダメンタルにこだわって目の前の相手を倒していきたい」
#45DB畑中皓貴副将(経4)「結果は良かったが、ミスもあって内容が良くなかった。4年生のレベルが足りていないと感じた。でも、ディフェンスで完封できたのは良かった。次戦の慶応大戦に向け、今回の結果に浮つかず、反省点を直していきたい。学生を圧倒するのは並大抵のことではない。どうすべきかを考えて、内容でも圧倒できたと言えるようにしていきたい」
#79LT村田健太副将(社4)「点差は広げることができたが、練習でできていなかったことが出てしまった。勝てたからといって満足せず、改めて次戦に向けて準備していきたい。タッチダウンを取れたことと、完封できたことは良かった。課題は細かい技術を潰し切れなかったこと。次戦は全部潰して、目標を達成できるようにしたい」
#81WR阿部拓朗副将(社4)「思ってたよりもやってきたことが出せた。オフェンスはフィニッシュにこだわり切れず、後半になかなか点が取れなかった。層の薄さをすごく感じたので、ファンダメンタルを大切にして、戦っていきたい」
#51LB大竹泰生副将(商4)「ディフェンスとしては、ファンブルリカバーやインターセプトができたので、まずまずできた。無失点で終えられたのは十分評価できる。課題としては、相手に合わせてディフェンスしてしまったこと。次戦はやりたいことをしっかりとやり切れるようにしたい」
SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 村田進 より:

    初戦にしては、近年のなかでは良かったのではないでしょうか。剃れも法政大学と言うビッグネームとの対戦では。もう少し接戦になるのではないかと思っていたので、ある意味拍子抜けでした。
    次回は慶応戦ですが、相手を圧倒しましょう。
    今年は安定した戦い方を目指して、学生日本一を目しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です