【準硬式野球部】 4位で春季リーグ戦終幕

<写真・試合後、記念撮影に応じる選手たち>

 4月19日、京都府わかさスタジアム京都にて、平成31年度関西六大学準硬式野球春季リーグ戦の第5節2戦目が行われた。関学は関大に2-9でまさかの7回コールド負け。春季リーグ戦を4位で終えた。

 何とか勝利し、1次トーナメントへ弾みをつけたい関学。だが、初回に先発の小栁(教2)が先頭打者に安打を浴びると、次打者の打球を失策、課題の守備で先制点を許した。その後、適時打を浴びるなど、いきなり3失点を喫する。その裏、関学打線も意地を見せ、前川(法3)の犠飛で1点を返す。2回裏にも真鍋(経2)のスクイズで追加点を奪い、ジリジリと追い上げを見せた。このまま逆転したいところだったが、3回表に3点を追加されると、その後は関大ペース。7回に1点を追加され、規定によりコールドゲームに。2ー9で大敗を喫した。その後、閉会式が行われ、前田(社4)が首位打者とベストナイン。前川(法3)が打率十傑入りを果たした。

試合後のコメント

建畑亮太主将「内野の連携ミスであったり、リーグ戦を通しての課題が今日も勝敗に関わってしまった。練習はしているので、技術的なものではないが、リーグ戦などプレッシャーがかかる場面での経験が必要だと思う。打つ方でも流れが悪くて、3回以降無得点という結果になってしまった。4位という結果はすごく不本意。だが、この関大戦が始まるまでは優勝のチャンスが残っていたので、力はそんなに劣ってはいないと思う。次からは負けたら終わりのトーナメントなので、1日でも長く野球ができるようにトーナメントまでのわずかな期間を過ごしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です