【重量挙部】 総合関関戦に向け、課題が見つかる結果となった関西選抜

<写真・C&ジャーク1度目の試技で128㌔を成功させた川田>
 4月13日、ベイコム総合体育館にて第35回関西学生選抜ウエイトリフティング選手権大会が行われ、関学からは81㌔級に堀田(経3)と宇崎(法2)、89㌔級に川田(教3)と倉本(法4)が出場した。
 今シーズン初の試合となる今大会。良いスタートを切りたいところだが、全体的に成功率が低く、納得のいく内容とはならなかった。しかし、89㌔級の川田が6回中4回の試技を成功させ、トータル238㌔を記録。関学一の成功率で、練習の成果が見えた結果となった。また、81㌔級では堀田がスナッチで102㌔、クリーン(C)&ジャークで131㌔に成功し、トータル223㌔。81㌔級で3位に輝いた。
 次戦は、6月9日関西学院大学にて総合関関戦が行われる。
試合後のコメント
池田慶貴主将(社4)「誰も新記録が出せず、出来が悪い試合だった。個人の力は上がってきているが、全体として、課題が浮き彫りになったと思う。その中でも、89㌔級の川田は1番成功率が高く、よくやったと思う。総合関関戦では、成功率の低さを克服し、絶対に勝つ」
関学一の成功率を誇った川田蓮「アップでは調子が良くなかったものの、本番は常に攻めの姿勢で臨めたので良かった。C&ジャーク1本目の試技で、128㌔を成功したことが大きかった。この大会に向け、成功率を上げる練習をしてきたが、その成果を出せたと思う。総合関関戦では、6本の試技をすべて成功できるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です