【洋弓部女子】 リーグ開幕戦、30金続出も関大に黒星

<写真・30金を記録し、仲間に笑顔を見せる北川>

4月7日、大阪市立大学レンジにて第54回関西学生アーチェリーリーグ戦第1戦が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)2960ー3102で関大に敗北した。
50㍍競技では、北川(社4)が実力を存分に発揮。30金を記録し、305点のベストスコアを叩き出すなど、勝負強さを見せた。だが関大に72点差を付けられたまま前半を折り返す。30㍍競技では、青木(経3)、魚澄(国3)が30金を記録。だが差を埋めることはできず、142点差の大差を付けられ、リーグ開幕戦は黒星となった。
次戦は4月14日 、関西大学レンジにて阪大との第2戦が行われる。

試合後のコメント
後藤絵美女子リーダー(法4)「正直に言えば、満足のいかない結果。関大戦は重要視していただけあって、142点差付けられたことは悔しい。強い相手に、気持ちの面でも負けていたと思う。今試合で実力と、チーム力不足を実感したから、この1週間で改善していく。次戦の阪大戦はアベレージを上げていけるように、全力で戦いたい 」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です