【スケート部スピード部門】 来シーズンへの課題見つけ、ジャパントロフィー閉幕

<写真・1000㍍を滑る橋本>
 3月10日、広島県ひろしんビッグウェーブにて第5回ジャパントロフィーショートトラックスピードスケート選手権大会の最終日が行われた。
 関学からは、男子1000㍍に橋本(経4)と吉田(人2)の2名が出場。予備予選は、橋本が思い通りにレースを運べず4着。まさかの予備予選での敗退となった。吉田は、最後まで先頭から離れずタイム順で通過。予選では、格上選手の速いペースに追い付けず、失速。4着で予選敗退となった。
       
本日の出場者と成績は以下の通り。
[男子1000㍍]
吉田啓人 26位
橋本啓嗣 38位
[総合順位]
28位 吉田啓人
32位 橋本啓嗣
        
試合後のコメント
32位で今大会を終えた橋本啓嗣「前に出るタイミングでうまくスピードに乗れなかった。今シーズンは調子が上がり切らなかったが、このままでは終わりたくない。今までスケートを通して、勝負の楽しさや礼儀を学ぶことができた。最後の大会では、大学で成長した成果を出して終わりたい」
       
28位で今大会を終えた吉田啓人「予備予選は、先頭集団から離れず突破できて良かった。予選では前から離れてしまい、トップ選手との差を改めて感じた。自分の理想と実際の仕上がりにまだまだギャップがある。来シーズンは、意識改革や練習の質、量ともに改善していきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です