【スケート部スピード部門】 善戦するも、実力差感じたジャパントロフィー初日

<写真・1500㍍を滑る橋本>
 3月9日、広島県ひろしんビッグウェーブにて第5回ジャパントロフィーショートトラックスピードスケート選手権大会の1日目が行われた。
 関学からは、橋本(経4)と吉田(人2)の2名が出場。男子1500㍍準々決勝では、両名とも果敢に攻めたレースを見せた。橋本は、最後まで前に出ようと仕掛けるも4着と届かず。吉田も積極的なレース展開を見せたが、後半から失速し6着で準々決勝敗退。男子500㍍は、両名とも予備予選を突破。予選では、先頭集団に追い付けず橋本が4着でフィニッシュ。吉田はタイム順で準々決勝へと進んだ。準々決勝では、序盤の出遅れを取り戻せず4着。準決勝進出とはならなかった。
 あすも、同会場にて大会2日目が行われる。
        
本日の出場者と成績は以下の通り。
[男子1500㍍]
橋本啓嗣 28位
吉田啓人 47位
        
[男子500㍍]
吉田啓人 14位
橋本啓嗣 26位
       
試合後のコメント
初日を総合26位で終えた橋本啓嗣「今大会は距離別選手権出場権を目標にしていた。先頭から離れないことを意識していたが、先頭集団から離れてしまい、実力の差を感じた。あすは、1000㍍の結果で総合順位が変わるので、準々決勝まで進みたい」
500㍍で14位となった吉田啓人「組がきつくて、若い高校生のスピードに合わせられなかった。500㍍は準々決勝に進めたけれど、スピードの差が顕著に現れて、課題が見つかった1日だった。距離別選手権に出場したことがなかったので、狙っていきたい。予備予選から厳しい戦いになると思うが、攻めのレースをしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です