【庭球部女子】 明河がベスト4入り! ダブルスは2組が準々決勝へ

<写真・スーパータイブレークを制し2回戦を突破した伊井(左)・小林組>

 3月6日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。女子シングルス準々決勝には、明河(経2)が出場。第1セットを落とすも、第2セットから強気なプレーで巻き返しを図った。ファイナルセットも取り切り勝利。準決勝へと駒を進めた。また、女子ダブルス2回戦には、4組が出場。本戦初出場ペアの伊井(経1)・小林(経1)組は、1回戦に続きスーパータイブレークを制し、格上から白星を奪った。また、明河・東谷(園田女大)組もストレートで快勝し、2組が準々決勝へ勝ち進んだ。
    あすは同会場で女子シングルス準決勝と女子ダブルス準々決勝が行われる。
女子シングルス本戦準々決勝
明河 2-1(4-6、7-6(6)、6-4)
女子ダブルス本戦2回戦
伊井・小林 2-1(6-3、5-7、12-10)
明河・東谷 2-0(6-1、6-3)
北本(人1)・石川(教1) 1-2(0-6、6-2、5-10)
越智(教3)・大和(経2) 0-2(1-6、1-6)
試合後のコメント

越智優果主将「伊井・小林のペアが勝ち上がってくれるなど、ギリギリで勝てたところもあったが、ギリギリで負けたところもあった。あと一歩が足りなかったと思う。勝ち上がっている人たちは、みんな試合をするたびにうまくなっている。あす以降も、強い相手に弱気にならずにしっかり声を出してプレーしてほしい」
4強進出を決めた明河樹「最初は相手の様子を伺いすぎて、自分から展開ができなかった。でも、応援の声をしっかり聞いて強気なプレーができたと思う。相手は1年生で、シード選手を倒して上がってきて強かったが、勝てたことは自分の中では大きい。4強ということは意識せずに、単複全勝を目指したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です