【ラクロス部】 ウィンターステージ男子が優勝、女子は2位で終幕!

〈写真・優勝トロフィーを手に記念撮影する選手たち〉
   12月23日、大阪府・舞洲運動広場球技場にてウィンターステージ決勝トーナメントが行われた。
  女子の部は、初戦で合同チーム(大阪市立大・大経大)と対戦した。終始拮抗した試合展開を見せ、持ち込まれたサドンビクトリー。板敷(経1)が今試合2得点目を上げ、勝利を決めた。準決勝では神大と京大の合同チームと対戦。AT北浦(法1)と板敷がハットトリックを達成し、8ー5で勝利した。決勝では、同大と奈良女大の合同チームと対戦した。前半なかなか攻め切れず、得点は平生(経1)の2得点に抑えられ、4失点を許す。後半も立て続けに得点され、北浦が中盤に1点を返すも、3ー7で敗北。準優勝となった。
 男子の部は、初戦を3-1で勝利し、準決勝で同大と対戦。相手ゴーリーに幾度となくシュートを阻まれ、1-4で前半を折り返した。迎えた後半、MF岡田(経1)の2本のミドルシュートから流れに乗り、逆転勝利。勢いそのままに、決勝戦に臨んだ。しかし、2-0から同点に追いつかれ、再び延長戦に。最後はMF高野(人1)が決勝点を決め、3-2で勝利。見事優勝を果たした。
個人賞受賞者は以下の通り。
女子優秀選手賞
北浦詩乃
男子最優秀選手賞
高野順平
男子ベスト12
AT中谷悠斗(商1)
DF中塚直哉(社1)
試合後のコメント
学年リーダーを務める高野順平「1回生チーム発足時からウィンター優勝は掲げていたので、達成できてよかった。1回生コーチやOBG、保護者の方への恩返しを目標に掲げてやってきた。決勝戦の最後、ボールを持ったときは決めに行こうと思った。今後の目標は、個人としてはリーグ戦のメンバー入りと、ユース選手に選ばれること。学年としては、チームとして今年のチームに影響を与えられるようになりたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です