【フェンシング部】 男子フルーレは1回戦敗退

<写真・瓜生はガッツポーズを見せた>
 12月22日、茨城県青柳公園市民体育館にて第71回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)が行われた。
   2日目のきょうは、男子フルーレが出場。秋田北鷹高と対戦した。序盤からリードを奪われると、大きく点差を離される。8巡目で最大18点差まで離されるも、瓜生(教1)が9得点を積む。だが、流れを取り戻すことはできず、32-45で敗北し、1回戦敗退となった。
   次戦はあす、同会場にて行われ、関学からは女子フルーレが出場する。
試合後のコメント
丹羽壮太パートリーダー(経3)「勝ちたかった。動きは負けていなかったが、突く精度が全員低かったことが敗因。練習不足だと感じた。来年は最後なので気を引き締めてやっていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です