【アメリカンフットボール部】 早大を37-20で下し、2年ぶり29度目の学生日本一!

<写真・学生日本一に輝き、歓喜に沸く選手たち>

    12月16日、兵庫県阪神甲子園球場にて三菱電機杯第73回毎日甲子園ボウルが行われた。関学は早大と対戦し、37-20で勝利。2年ぶり29度目の学生日本一に輝いた。
    序盤から関学はラン攻撃が効果的だった。第1クオーター(Q)2分10秒、#6RB渡邊大(神3)のロングランから、#26RB中村(商4)が1㍎をダイブして先制タッチダウン(TD)。だが、同6分44秒、中央をランで突破され同点に追いつかれる。それでも、#3QB奥野(商2)のスクランブルが冴え渡り、流れは渡さなかった。同10分25秒に#8K安藤(商3)の21㍎フィールドゴール(FG)で勝ち越し。10-7で第1Qを終えると、第2Q序盤にも安藤がFGを決めた。同6分13秒には、#10QB光藤(経4)が自らエンドゾーンへ。今季初TDで流れを維持すると、同9分22秒に#21RB三宅(経2)が41㍎を独走TD。#90DL三笠(人4)のインターセプトでさらに流れを呼び込み、前半を27-7で終了した。後半に入ると、早大が息を吹き返す。拮抗(きっこう)した展開になるも、第3Q12分4秒、光藤がランフェイクから#91TE對馬(法4)へTDパスを決めた。その後2本のTDを許したが、攻守で相手を圧倒。37-20の快勝で、昨年涙をのんだ聖地が歓喜に包まれた。なお、甲子園ボウル最優秀選手、チャック・ミルズ杯(年間最優秀選手)には、ともにQB奥野が選ばれた。
   次戦は来年1月3日、東京ドームにてライスボウルが行われる。

試合後のコメント

鳥内秀晃監督「奥野は我慢してうまいことやってくれた。前みたいに投げてインターセプトの可能性もあったが、よくやってくれた。昨年は私自身に気の緩みがあり、選手たちを引き締めることができなかった。今年はちゃんと選手がやるべきことをやってくれただけ」

光藤航哉主将「1年やってきてやっとここまでこれた。やっと日本一になれた。うれしかった。オフェンス、ディフェンス、キッキングがしっかりかみ合って勝てた試合になった。社会人にも絶対に勝ちに行く。このチームに何か残して終わりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です