【重量挙部】 関西学生大会は団体7位で終幕

<写真・スナッチ111㌔を成功させた倉本>

 12月8日、第66回関西学生ウエイトリフティング選手権大会(2日目)が大阪府・はびきのコロセアムにて行われた。 
   2日目は77㌔級、85㌔級、94㌔級、105㌔級の試合が行われ、関学から7人が出場。 77㌔級では小畑(経3)がスナッチで苦戦するも、3回目の試技で95㌔を成功させた。クリーン(C)&ジャーク120㌔を成功させ、トータル215㌔。同階級の松本(法2)はスナッチで80㌔、C&ジャークでは100㌔を挙げるも、記録は伸び悩んだ。85㌔級に出場した津村(人1)は、スナッチの1回目で85㌔を成功させると、90㌔、95㌔と記録を更新し、トータルでは205㌔に成功した。堀田(経2)は思い通りの結果を出し切れず、トータル220㌔。川田(教2)はスナッチで105㌔、C&ジャークでは3度目の試技で130㌔を挙げた。94㌔級に出場した倉本(法3)はスナッチで全体の3位にあたる111㌔に成功。トータル236㌔とした。105㌔級には本郷(法3)が出場。スナッチで90㌔を成功させ、トータル205㌔で終えた。

試合後のコメント
池田慶貴主将(社3)「今回の大会は、団体で上位を狙うというより、個人で実力を発揮して新記録を更新しようと挑んだ。85㌔級では津村が1年生ながら奮闘していた。川田が全体6位になり、得点を取ってくれたことも良かったと思う。94㌔級では倉本がスナッチで3位の記録を挙げて、腰を痛めている中でも上級生の意地を見せてくれた。どの階級でも6位前後に位置している。この1年間で戦えるレベルまで持ってこられた。力を合わせて、来年は表彰台に立てるように練習していく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です