【重量挙】 関西学生1日目が行われる

F6ACDE00-D014-44E3-938E-7C6618DB8AB9.jpeg
<写真・スナッチ83㌔を成功させた池田>
 12月7日、第66回関西学生ウエイトリフティング選手権大会(1日目)が大阪府・はびきのコロセアムにて行われた。 初日は56・62㌔級と69㌔級の試合が行われ、関学から2人が出場。 62㌔級では池田(社3)がスナッチ83㌔とクリーン(C)&ジャーク100㌔を成功させ、トータル183㌔。69㌔級に出場した田口(文2)は、スナッチ85㌔を成功させ、3度目の試技で90㌔を挙げる。だが、判定は惜しくも失敗となった。C&ジャークでは、105㌔を成功させ、トータル190㌔で終えた。
    あすは同会場にて残りの階級が行われる。
試合後のコメント
池田慶貴主将「自分自身、けが明けにしては最低限のことができたと思う。だが、C&ジャークは106㌔を2度失敗したのは悔しかった。田口は順位争いに絡まないが、スナッチはよかった。ジャークはあともう少しな印象を受けた。今シーズン最後の試合なので、順位よりも記録を重視して、気持ちよく終わりたい。あすは残りのメンバーが全員出場するので、新記録を出せるように頑張る」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です