【アメリカンフットボール部】 早大と2年ぶり2度目の対戦! 16日に甲子園ボウルが行われる!

<写真・阪神甲子園球場で顔合わせした両校主将>

 12月3日、兵庫県阪神甲子園球場にて、全日本大学アメリカンフットボール選手権・決勝の報道説明会が行われた。関学と早大、両校主将と監督が会見し、甲子園球場で顔合わせした。両校の甲子園ボウルでの対戦は2年ぶり2度目。関学は、3年連続53回目の出場となる。2年ぶりの覇権奪還を目指す。
 また、会見前には全日本大学選手権トーナメント制度の変更が報道陣向けに発表された。現在のトーナメント制度に変更してから3年。見直しが行われ、来年度から関西地区3位まで含めたトーナメント制度に変更になった。関西2位、3位地区が東海地区など4地区の勝ち上がりチームと対戦。西日本代表校決定戦で関西1位と甲子園ボウルを懸けて激突する。このトーナメント制度は、3年後に再度見直される。
 なお、報道説明会終了後に関西学生アメリカンフットボール連盟からBEST11/BEST SPECIAL TEAMが発表された。関学からは、#71OL光岡(人4)、#83WR小田(社4)、#3QB奥野(商2)、#34RB山口(商4)、#52DL寺岡(経3)、#78DL藤本(社3)、#44LB海崎(人2)、#25DB横澤(商4)、#8K安藤(商3)の9名が選出された。奥野が最優秀選手の松葉杯を、安藤が優秀スペシャルチーム選手に選ばれた。
 三菱電機杯毎日甲子園ボウルが、13時5分より兵庫県阪神甲子園球場にて開催される。
記者会見でのコメント
鳥内秀晃監督「きのうのゲームは、ビハインドあったけど、学生たちは諦めずに最後までやってくれた。今年のチームは甲子園の負けから始まった。やっとここに戻ってこれた。西日本代表校として勝って終わりたい」
光藤航哉主将(経4)「きのう、しんどい部分あって課題が浮き彫りになった。練習の時から想定していて、絶対に勝つと信じて戦えた。甲子園では西日本代表として、チーム全員で絶対に勝つ」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です