【アメリカンフットボール部】 立命大戦後の監督・選手コメント

<写真・試合後、整列するQB光藤主将(中央)>

鳥内秀晃監督「立命大は前のチームとは違うとチームに言っていた。リードされることは想定していた。諦めずに学生がよう頑張ったんちゃう。(交代で出場した光藤について)きょうみたいにできるねん。さすがキャプテン。彼が訴えていたことがやっと伝わったんちゃう。(甲子園に向けて)きょう立命大に勝って良かったけど、甲子園に行ってなんやって言われんようにせなあかん。やっぱり関学やなって思われる試合をしたい」
#10QB光藤航哉主将(経4)「1番最初の反則で流れがつかめなかった。チームには負けている状況をイメージしようと言っていた。リードされていたが、2本差以上開いていなかったのでいけると思った。最高のシナリオで、みんなが1プレー1プレーにかけた結果勝てた。(甲子園ボウル向けて)やることは変わらず。やりたいフットボールを表現して勝つ」
#25DB横澤良太副将(商4)「いろいろあったが、本当に勝てて良かった。残り0秒になるまで、みんなが諦めずに戦えたと思う。個人的には、1対1に対して責任を持って取り組んできたことが出せた。今年のチームは、昨年の甲子園ボウルでの負けから始まっている。あの悔しさを思い起こして、全てを懸けて戦う」
#96TE荒木将太副将(商4)「先制されてから勝てたのはチームにとって財産になった。だが、ギリギリな展開になったのは2週間の緩さが出たからだと思う。OL森(社3)が初スタメンながらも、しっかり引っ張ってくれた。甲子園ボウルで戦う早大は、クレバーで隙がない。ディフェンスも厄介だが、自分たちのやりたいフットボールをしたい」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「その前に2本捕れたボールを捕れなかった。こういうところで何とかしたいなと思って前に走った。パントリターンはこだわりがあってやってきていたので、ポジションとして好き。パントリターンからオフェンスにいいポジションを与え続けたい」
第3Qで3試合連続TDを決めた#81WR阿部拓朗(社3)「光藤さんからのパスだったからこそ、絶対に捕りたいと思った。また、4年生WRとは仲がいいので、ここで終わらせられない気持ちも強かった。自分の成長も感じるが、うぬぼれずに甲子園に臨みたい」
SNSでフォローする
Comments (2)
  1. 村田進 より:

    大変厳しい試合でした。
    これを本当の紙一重の戦いという、点差もそのう、試合展開もそう。
    よくぞ勝って甲子園ボウルに繋げたと心底思っています。
    心からおめでとう❗️拍手を送ります。
    言葉は悪いが一度は負けたも同然。
    これを反省として、次の早稲田大学戦に邁進してください。
    【自分達は強い】検討を祈ります。

  2. 村田進 より:

    大変厳しい試合でした。
    これを本当の紙一重の戦いという、点差もそう、試合展開もそう。
    よくぞ勝って甲子園ボウルに繋げたと心底思っています。
    心からおめでとう❗️拍手を送ります。
    言葉は悪いが一度は負けたも同然。
    これを反省として、次の早稲田大学戦に邁進してください。
    【自分達は強い‼️】検討を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です