【庭球部】 2人がシングルス予選突破!

<写真・ストレートで勝利し本戦へ駒を進めた吉田>
 11月27日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度全日本学生室内テニス選手権大会(予選)が行われた。 大会3日目は女子シングルス予選決勝が行われ、関学からは吉田(国2)、前田(人4)が出場した。
 前田は、第1セットを6-4で奪う。だが、第2セットは相手にリードを許す。終盤に追い上げを見せ、引くことなく7-5で奪取。ストレートで勝利した。吉田は、第1セットを6-4で奪うと、第2セットは1-4と劣勢に。そこから5ゲームを連取し、ストレート勝ち。出場した2人は予選を突破し、本戦へ駒を進めた。
    次戦はあす、同会場にて女子シングルス本戦1回戦とダブルス本戦1回戦が行われる。
女子シングルス予選決勝
吉田 6-4、6-4
前田 6-4、7-5
試合後のコメント

本戦へと駒を進めた吉田安佐「第1セットは何とか取れたが、第2セットは気が緩んでしまった。自分より強い相手でも考えて上の方まで勝てるように頑張る」
吉田に続き本戦へと駒を進めた前田友花「粘り強い相手だった。あまり打たず、無理せずチャンスを待った。自分らしいテニスであすも頑張る」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です