【バレーボール部男子】 インカレ1回戦、ストレートで快勝!

 

<写真・得点が決まり喜びを表現する選手たち>

   11月27日、東京都墨田区総合体育館にて第71回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会1回戦が行われた。関学は富山大と対戦し、セットカウント3-0で勝利。2回戦へと駒を進めた。
   目標をベスト4に掲げて挑んだ関学は、1回戦で富山大と対戦した。第1セットは、一時はリードを許すも、WS隈部(法4)の得点から5連続得点。25-22で第1セットを獲得した。第2セットは、序盤から競り合う展開。しかし、MB河西(法2)が要所でスパイクを決め切り、26-24で第2セットも連取した。勢いに乗りたい第3セットだったが、中盤、9点差を2点差まで追い上げられた。相手に流れをつかまれかけたが、最後は河西のスパイクが決まり、第3セットを25-23で奪取。セットカウント3-0で勝利した。
   次戦はあす、同会場にて2日目が行われ、法大と対戦する。
試合後のコメント
隈部晃太主将(法4)「初戦ということで、固いバレーになってしまったが、勝利できたので良かった。会場の雰囲気にも慣れたので、あすはいいゲームができると思う。自分自身のキャッチもよくなく、相手サーブに攻められた場面もあったので、改善する余地がある。定期戦で、関東の高さを体感しているので、あす以降につながると思う。全員で勝ちたい気持ちを出して、戦って行きたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です