【剣道部】 新人戦で大西が3位入賞

〈写真・表彰状を手にポーズを取る大西〉
   11月25日、近畿大学記念会館にて第31回関西学生剣道新人大会が行われた。
  女子は 個人戦に岡崎(社2)、松本(人2)、大西(教1)の3名が出場。松本は1回戦を突破するも惜しくも2回戦敗退。昨年1回戦敗退の岡崎は順調に勝ち進むも、4回戦目で敗れ、ベスト8となった。ルーキーの大西は熱戦を制し、準決勝まで進むも、敗退。同率3位という結果に終わった。
  男子は団体戦が行われ、1回戦は大阪経済法科大と対戦。上野(文2)が2本勝ち、吉野(経2)が1本勝ちと順調に進み、宮本(法2)、初出場の繁田(社1)、竹嶋(商1)も2本を取り勝利した。2回戦は関大と対戦。2勝2分でシード校の関大を制した。3回戦は大経大と対戦。先鋒竹嶋が1本負けし、続く藤原、繁田が引き分け、吉野が1本負け。大将の上野も引き分けとなり敗退した。昨年3位入賞を果たした大会で、悔しい結果に終わった。
本日の試合結果
3位
・大西
ベスト8
・岡崎
2回戦敗退
・松本
・1回戦 対大阪経済法科大
上野 2本勝ち
吉野 1本勝ち
宮本 2本勝ち
繁田 2本勝ち
竹嶋 2本勝ち
・2回戦 対関大
竹嶋 1本勝ち
藤原 引き分け
繁田 引き分け
吉野 2本勝ち
上野 2本勝ち
・3回戦 対大経大
竹嶋 1本負け
藤原 引き分け
繁田 引き分け
吉野 1本負け
上野 引き分け
試合後のコメント
大将を務めた上野篤「みんな力はついてきたと思う。個人的には昨年からあまり試合に出られていなかったので、しっかりやらなければならないと思って臨んだ。いい動きができたが、取らなければならない場面で取り切れないのが課題。去年は3位だったので悔しい結果となった。学年が上がるので力をつけて自分が引っ張っていかなければならない」
3位入賞を果たした大西真奈未「自分の思うような試合内容ではなかった。相手より先に攻める、中心を外さないということは意識できたこと。最後に打たれたのは、反則を取られ、気持ちが焦ってしまった。気持ちの面も成長しなければならない。来年はきょうの悔しさをバネに、優勝を目指す」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です