【ラグビー部】 立命大に敗北し、大学選手権出場を逃す

 

<写真・試合後、ロッカーへ引き上げる勝川主将>

11月24日、京都府西京極球技場にて2018ムロオ関西大学ラグビーAリーグ最終節が行われ、関学は立命大に24-45で敗北。大学選手権大会出場を逃した。
勝利した方が大学選手権出場を決める1戦。前半6分に先制トライを奪われ、同12分にも追加点を決められた。苦しい時間帯が続いたが、同21分スクラムからモールを展開。CTB香川副将(人4)のパスをFL勝川主将(商4)が拾い、トライに成功する。同36分にLO中村(文4)もトライを決め、前半を12-17で終えた。後半も食らいつきたいところだったが、ラインアウトのボールを落とすなど、ミスを連発。隙を突かれ、失点を重ねる展開に。後半39分にWTB中(商3)、同41分に途中出場のWTB吉田(経4)が独走トライを決めるも、及ばず。24-45で敗れ、4年ぶりの大学選手権出場はかなわなかった。
 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です