【空手道部】 全国大会で奮闘するも、男女ともに1回戦敗退

image1 (2).jpeg

<写真・中堅で出場し、勝利した大黒>


    11月18日、東京都日本武道館にて第62回全日本大学空手道選手権大会が行われた。

    女子組手競技では1回戦で拓殖大と対戦。先鋒の有内(経1)が上段突きで有効を2本決め、2-0で勝利した。しかし、中堅の中井(人4)、大将の横山(社4)が立て続けに敗北し、1勝2敗で1回戦敗退となった。

    男子組手競技では1回戦で日体大と対戦。先鋒の片岡(経2)と次鋒の重山(人1)が敗北するも、中堅の大黒(社1)と副将の山崎(社3)が勝利し、巻き返した。勝負は大将橋本(社2)に託される展開に。しかし、相手の巧みな上段つきに圧倒され、0-5で敗北。2勝3敗で惜敗し、1回戦敗退となった。


 各試合の成績は以下の通り。

女子組手競技

[1回戦 対拓殖大    1勝2敗]

先鋒 有内    ☆2-0

中堅 中井    ★0-3

大将 横山    ★0-2


男子組手競技

[1回戦 対日体大    2勝3敗]

先鋒 片岡    ★1-5

次鋒 重山    ★3ー4

中堅 大黒    ☆3-0

副将 山崎    ☆2-0

大将 橋本    ★0-5


試合後のコメント
川端竜平主将(人4)「全国の舞台で、みんなのびのびとプレーできていて良かった。特に、大黒と山崎は、練習と変わらない安定感で試合に臨めていたと思う。1回戦敗退だったが、みんなが僕まで試合をつなごうとがんばってくれた。来年はいいメンバーもそろっているから、自信を持って戦ってほしい」


男子組手競技を率いた山崎宗之「相手チームの方が強かったから負けてしまった。自分たちは、後半の粘りが弱いと思った。団体戦として勝負に勝つには、もっと試合経験を増やさないといけない。来年は自分が主将になる。主力メンバーが残っているので、このチームで勝てていけるように、改善していきたい」


女子組手競技を率いた中井穂香「最後は勝って終わりたかったので、少し悔いが残っている。この1年は、就活のためにここ2ヶ月くらいしかきちんと空手に向き合えなかった。今思うと、もう少し空手をしていたら良かったと思う。だが、最後にみんなと空手ができて、楽しかった。強い1年生が多いので、後3回あるチャンスを生かし、頑張って日本一になってほしい」


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です