【アメリカンフットボール部】 立命大戦前記者会見が行われる

<写真・会見を行う光藤主将>

   11月14日、関西学院大学第3フィールド体育棟にて、立命大戦前の合同記者会見が行われた。光藤航哉主将(経4)を始めとする主要選手4名、また鳥内監督がそれぞれ会見を行った。優勝を懸けた運命の立命大戦は、今週日曜日、15時より大阪府万博記念公園競技場にて行われる。
記者会見でのコメント
鳥内秀晃監督「1位になるのが一番やから勝ちに行くけど、引き分けでもいいと思った瞬間に負ける。相手の強いディフェンスに、粘っていかなあかん。タフなゲームになることは分かっている。そこでどういうパフォーマンスをするかをイメージして、気持ちを入れて戦ってほしい」
#10QB光藤航哉主将(経4)「前節の関大戦はイージーミスなど、反省点が多い試合になってしまった。一人一人の意識が低いのが課題だと思う。立命大は絶対に勝たないといけない相手。最後まで戦い抜く関学らしいフットボールで、1点でも多く取って勝ちたい」
#83WR小田快人(社4)「関大戦はワイドとしては良かったが、反則も多く負けてしまった。でも、個人的には初めてのタッチダウンを決めることができて良かったと思う。関大戦が終わってから、勝つためにどうすべきか今まで以上に考えるようになった。立命大戦では、1球の大切さをかみ締めてチーム全員で勝ちたい」
#3QB奥野耕世(商2)「昨年の立命大戦はとても緊張した。緊張したら焦ってしまうと思うので、今年はミスがないように落ち着いてプレーしたい。立命大には絶対に負けられない。昨年は4年生に助けてもらった分、今年はやるべきことをやってチームに貢献したい」
#25DB横澤良太(商4)「いよいよビッグゲームの立命大戦を迎える。やることは変わらないが、負けたら引退という意識を4年生全員で持って戦う。相手がどのパターンで向かってきても対処できるように、自分が引っ張ってチーム全員で止めに行きたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です