【重量挙部】 倉本が自己記録を更新し、全日本終幕!

<写真・倉本はC&ジャーク3度目の試技で130㌔を成功させた>

 11月4日、はびきのコロセアムにて第64回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会2部最終日が行われ、関学からは94㌔級に倉本(法3)、105㌔級に本郷(法3)が出場した。
  自分の最大限の力を出し切って終えたい大会最終日。94㌔級では、倉本がスナッチで105㌔、クリーン(C)&ジャークでは全ての試技を成功させ、自己記録を8㌔更新する130㌔を記録。トータル235㌔で94㌔級5位という結果を残した。105㌔級の本郷は、スナッチで85㌔、C&ジャークで110㌔に成功し、トータル195㌔を記録した。きょうをもって、全日本インカレは終幕となる。
試合後のコメント
池田慶貴主将(社3)「94㌔級の倉本が関学の中で1番良い成績を取ってくれて良かった。105㌔級の本郷も、試合前の調子が良くなかったものの、3年生の意地を見せてくれたと思う。今大会は、たくさんの選手が自己記録を更新してくれた。12月にある関西学生選手権でも、今大会以上の記録を残したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です