【ラグビー部】 接戦をものにし、関大に逆転勝利でリーグ4連勝!


<写真・2人のディフェンダーを突破し、同点トライを決めた中村

 11月4日、大阪府ヤンマースタジアム長居にて2018ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第4節が行われ、関学は関大に17-10で勝利した。
 序盤はミスが続いた。開始のワンプレー目から関大の勢いに押される。前半3分には関大陣地で1つ目のスクラムを組んだ。同4分、関大がボールを落としチャンスが舞い込むが、SH山内(経3)のパスが通らなかった。その後もなかなかペースはつかめず、同10分に失点。しかし、4分後にはWTB吉田(経4)がトライを決め、5ー5と試合を振り出しに戻した。同20分から約5分間は耐え忍ぶ時間が続く。ゴール前でスクラムで粘るが同28分に、トライを決められた。前半は5ー10とリードを許す。主導権を握りたい関学は、後半開始1分、FB奥谷(商3)が相手のキックを阻止。そのままスクラムに持ち込み、関学に流れを引き寄せる。同8分には、CTB香川(人4)が相手を2、3人と抜き個人技を見せた。同16分に、LO中村(文4)が同点トライ。同23分には、LO鳴神(国4)が逆転弾を決めた。その後も攻防戦を耐え抜き、試合は終了。価値あるリーグ4勝目を挙げ、悲願の大学選手権出場に前進した。
 次戦は11月10日、天理大学にて第5節が行われ、関学は天理大と対戦する。


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です