【アメリカンフットボール部】 関大戦後の監督・選手コメント

 

<写真・第4Qに劇的TDを決めたWR阿部>

 

鳥内秀晃監督「あかんな。ゴール前で取れへんのがもう一つやわ。(2ポイントの選択もあったが)引き分けの方がいいと思った。負けだと痛いので。(全勝の立命大との対戦について)うちとはモチベーションが違う。レギュラーシーズンで勝ってるのに、甲子園ボウルに出れていないので燃えている。勝てるように頑張る」

 
#10QB光藤航哉主将(経4)「今までの細かいミスの積み重ねが原因で、負けに近い引き分けだった。京大戦で苦しめられたにも関わらず、結局変われてなかった部分もある。次は負けたら終わり。ラストチャンスは勝つのみだ」
#96TE荒木将太副将(商4)「オフェンスからテンポをつくっていこうとしたが、実際はランを通せなかった。ラインナップの責任で、このままだと立命大戦にも負けてしまう。残りの2週間で悔いのない練習を自分だけではなく、チームにもやらせる」
#25DB横澤良太副将(商4)「見ての通り、ディフェンスがボロボロで、オフェンスに助けられた内容だった。今までずっと完封で、失点も少なかったことに油断してしまった。立命大戦は死に物狂いでやるだけ。全部ぶつける」
#80WR尾崎祐真副将(人4)「自分たちが目指しているところから、ほど遠いひどい試合だった。やってきたことの甘さが出て、甘さに気づいていたものの変えられなかった。現状を受け入れ、最後のアメフト人生を全部賭けてやるしかない」

リーグ戦初TDを決めた#83WR小田快人(社4)「エンドゾーンしか見えていなかった。負けている状況で、WR松井(経4)とも一発で決めようと言っていたので決め切れて良かった。リーグ戦初TDだが、引き分けたので複雑な思い。(次戦は)絶対に勝たないといけない。あとはチャレンジャーとして全力でぶつけるだけ」

試合残り2分からのドライブでTDまで導いた#3QB奥野耕世(商2)「気負わずにやろう、楽しもうと思っていた。パスプロテクションももっていたので、しっかりとディフェンスを見てパスを投げた。だが、勝ち切れないということは実力がまだまだということ。立命大戦はワクワクとドキドキと緊張がある。しっかり立命大に勝ちたい」

ディフェンスの中心で要所のタックルを決めた#44LB海崎悠(人2)「ディフェンスがオフェンスを助けてあげることができなかった。相手QBはパスの精度が高くパスを警戒していたが、ランを混ぜて通された。でも、チームの危ない場面で止めれたので気持ち良かった。(立命大戦に向けて)昨年、負けて関西2位になったので次は負けない」

第4Qに同点につながる劇的TDを決めた#81WR阿部拓朗(社3)「ワイドユニットで1球1球を大事にしようと決めたが、パスが通らないときがあった。だが、最後に運良く、練習してきたプレーでTDを決められてほっとした。立命大戦では、自分がパスを捕って活躍することがチームの勝利につながるので、TDを狙っていきたい」
 
SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 日大王朝 より:

    観戦しました。捨て身の関大オフェンスにタジタジという感じです。
    長いパスこそ通されてないがアンダーニースとミドルゾーンはやられっぱなし
    お世辞にも立命館オフェンスに対抗できるとは思えない。3本くらいは余裕でやられそう。去年みたいにプレー隠しとったら全てを失うぞ。東京bowlなんぞ目指してるわけでもないので攻守キッキング全部課題あり
    苦戦要因 開始時のキックオフ、フォルススタート何回やっとんねん、インターフェアやりすぎ あとはけが人を戻すのみ 頑張ってくれよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です