【重量挙部】 川田が自己記録を更新!

<写真・川田はC&ジャーク3度目の試技で130㌔を成功させた>
 11月3日、はびきのコロセアムにて第64回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会2部2日目が行われ、関学からは77㌔級に小畑(経3)と宇崎(法1)、85㌔級に堀田(経2)と川田(教2)が出場した。
  出場者全員が新記録を更新し、最終日へ勢いを付けたい大会2日目。77㌔級では、小畑が手首のけがから本領発揮とはいかずも、スナッチで95㌔、クリーン(C)&ジャークで115㌔を成功させ、トータル210㌔の結果を残した。1年生の宇崎も奮闘した。C&ジャークで125㌔に成功すると、3度目の試技で130㌔に挑戦。失敗するもCは成功させ、今後へつなげた。85㌔級では、2年生ふたりが火花を散らした。堀田がスナッチで95㌔を成功させると、川田が100㌔を成功させる。続くC&ジャークでは、川田が3度の試技全てを成功させ、130㌔と自己記録を更新。堀田も負けじと130㌔を成功させ、2度目の試技で136㌔に挑む。だがCは成功も、ジャークで力及ばず失敗。3度目の試技は棄権し、トータル225㌔で終えた。
   次戦はあす、同会場で同大会最終日が行われ、関学からは2名が出場する。
試合後のコメント

池田慶貴主将(社3)「試合前は、きょう出場した選手全員の調子が良さそうだったが、川田しか新記録を出せなかったのが課題点。85㌔級の川田と堀田は、もう少しおもしろい試合をして欲しかった。練習で培った力を試合に出せなかったら意味がないので、試合を意識した練習が大事だと思う。あす出場するのは3年生の2人。上級生の維持を見せて頑張って欲しい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です