【スケート部スピード部門】 西日本開幕も、初日は結果ふるわず

<写真・500㍍を滑る橋本>
 11月3日、愛知県愛・地球博記念公園アイススケート場にて第64回西日本ショートトラック選手権大会の1日目が行われた。
 全日本選抜大会の選考会になる今大会で、本日は関学から4名の選手が出場した。1500㍍では橋本(経4)と吉田(人2)がB決勝に進出。前半から積極的に攻めるも、吉田が5着、橋本が6着となった。続いて行われた500㍍では、橋本が準々決勝へ進出するもスピードに乗れず4着。準決勝進出とはならなかった。
 あすは、同会場にて男女1000㍍、男女3000㍍スーパーファイナルが行われる。
本日の出場者と成績は以下の通り。
[男子500㍍]
橋本啓嗣 13位
吉田啓人 22位
三村浩晃(法2) 42位
[女子500㍍]
以西花(教3)20位
[男子1500㍍]
吉田啓人 12位
橋本啓嗣 13位
三村浩晃 39位
[女子1500㍍]
以西花 21位
試合後のコメント
橋本啓嗣主将「自分のレースは、1500㍍の準決勝までは思い通りに進んでいた。だが、B決勝や500㍍は思うようにいかず、体力のなさを感じた。練習が十分にできていなかったから起きたことで、満足がいかず悔いの残る結果になってしまった。きょうは体を休めて、体力を回復させて調子を取り戻していけるようにしたい。やることをしっかりして、足に疲労がたまっても耐える。また新しい課題を見つけて次につなげていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です