【陸上ホッケー部女子】 無失点勝利でインカレ初戦突破!

DSC_3410.JPG
<写真・大学初得点を決めた松田>
 11月1日、駒沢オリンピック公園総合運動場にて第40回女子全日本学生ホッケー選手権大会が行われ、関学は東農大に3-0で勝利した。
 序盤は、初めて対戦する相手に苦戦した。第1クオーター(Q)13分、立て続けに2本のシュートを放たれるも、GK小野(教1)が好セーブ。相手に攻め込まれ、幾度もピンチを迎えるも、第1Qを乗り切った。続く第2Qにはチャンスが訪れる。第2Q4分、佐守(商3)のパスから小林(総4)が相手の間を抜き、ゴール。その後、同10分、またも小野が好セーブを見せ、1-0で試合を折り返した。第3Qは、激しい攻防戦で両者無得点。第4Qに再び試合は動いた。第4Q2分、松田(総3)がヒットシュートで大学初ゴール。点差を広げた。さらに、もう1点を追加し、3-0。インカレ初戦を、無失点勝利で飾った。
 次戦はあす、同会場にて第40回女子全日本学生ホッケー選手権大会2回戦(対立命大)が行われる。
試合後のコメント
若月舞主将(経4)「勝つことを1番の目標にしていたので、良かった。ただ、立ち上がりの悪さが出てしまった。初めて試合をする相手でバタバタしてしまい、第1Qで相手に押されてしまったことが課題。あすは、きょうよりテクニックもスピードもある相手と戦う。冷静に作戦をプレーで出せるようにしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です