【弓道部女子】 1中差で京橘大に勝利し、13年ぶりに1部昇格!

<写真・試合後、集合写真で笑顔を見せる選手たち>
 10月28日、大阪経済大学摂津キャンパス弓道場にて平成30年度関西学生リーグ戦1部2部入れ替え戦が行われた。関学は京橘大と対戦し、56中―55中(全80射)で勝利した。
 1立目は的中が伸びず、10中ー10中(全16射)と同中となった。しかし、2立目で大前の岡田真(社3)と落の石川(国4)が皆中。22中―20中(全32射)と勝ち越した。3立目も石川が安定した的中を見せ、リードを広げていく。だが、4立目で9中(全16射)とつまずき、相手と44中ー44中(全64射)と同中に。5立目で京橘大の的中に勝負が委ねられたが、56中ー55中(全80射)で勝利。2005年の降格以来、13年ぶりの1部昇格となった。
試合後のコメント
堀優花女子主将(人4)「すごくうれしい。この1年間はきょうのために頑張ってきて、待ち遠しかったこの日がいい日になって良かった。試合に出ている人も出ていない人にも、分け隔てなく感謝の気持ちでいっぱい。(後輩に向けて)まずはありがとうを伝えたい。みんながいないと、こんないい思いはできなかった。来年も何をすべきなのかを考えて、一人一人が自分のやるべきことをやり切ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です