【ラクロス部女子】 昨年の無念晴らし、ファイナル4決勝進出!

〈写真・スタンドにクロスを突き上げ勝利を誓う選手たち〉
   10月28日、大阪府鶴見緑地スタジアムにて第29回関西学生ラクロスリーグ戦ファイナル4準決勝が行われ、関学は大教大と対戦した。
   前半開始9分にAT我妻(社3)が先制点を決めた。12分に失点するも、AT吉岡(教4)が2得点するなど圧倒。5-1で前半を折り返した。だが後半、なかなかゴールにボールを運べず、流れは大教大に。7分にMF喜田(法3)が得点しリードを伸ばすも、最後に3連続得点を許した。だが、チームは6ー4で勝利し、ファイナル4決勝進出を決めた。
    次戦は11月3日、大阪府ヤンマーフィールド長居にてファイナル4決勝が行われる。
試合後のコメント
長村由紀乃主将(人4)「前半から、点差をつけることはできていたが、相手の勢いに飲まれていた部分があった。その中でも、ディフェンス陣が粘り強く戦ってくれた。きょうの試合で勝つことができたのはよかったが、このままではだめだと気付かされた。ここで気持ちを切り替えて、前向きに決勝に臨みたい。そして、去年できなかった関西制覇に向けて、チーム一丸となって戦う」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です