【ソフトテニス部男子】 廣瀧・遠藤爵ペアが3位入賞を果たす

<写真・3位に輝いた廣瀧・遠藤爵ペア>

  10月28日、同志社大学京田辺キャンパステニスコートにて平成30年度関西学生ソフトテニス新人大会2日目が行われた。    

  関学からはきのう残留した4組が出場。4回戦で美甘(経2)・辻岡(文1)ペアが敗退した。5回戦では磯貝(法1)・内海(社1)ペア、鳥居(社2)・古賀(商2)ペアがベスト8敗退。廣瀧(社2)・遠藤爵(教2)ペアは自由な陣形で相手を翻弄(ほんろう)し、ベスト4入りを果たす。だが、準決勝では終始相手のペースに飲まれ、2人のスタイルを貫き通すことができず。3位入賞となった。

  

[本日の試合結果]

準決勝敗退

廣瀧・遠藤爵

☆5-1 吉田・大家(大体大)

☆5-2 上原・東(関外大)

★1-5 谷口・大橋(関大)

5回戦敗退

磯貝・内海

☆5-3 及川・後藤(同大)

★3-5 阪本・飯田(関大)

鳥居・古賀

5ー1 岡・前本 (天理大)

★4-5 小畑・西村(関外大)

4回戦敗退

美甘・辻岡

★1ー5 福田・畑本(成蹊大)

試合後のコメント

二階堂和真主将(人3)「ちゃんと力を出し切れた選手が多くて良かった。きょうは個人戦だが、応援も声が出ていて、試合をしている選手も応援に応える形で戦えていたと思う。2人だけで戦うのではなく、チーム全体で一緒に戦う雰囲気が出ていた。この雰囲気を忘れず冬の間練習に励み、春季リーグ戦優勝を目指していきたい」

ベスト4入りを果たした廣瀧開・遠藤爵由ペア「3位になることができて、うれしい。自分たちの持ち味をどうすれば発揮できるかを話し合いながら、試合に挑んだ。自由な陣形で、積極的に相手に攻めることができたと思う。だが、特殊な陣形にもすぐに対応してきた相手を上回ることができなかったのが悔しい。今後は、下半身強化の基礎的な面と、陣形の戦略的な面を模索していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です