【ソフトテニス部女子】 4組が2日目残留

<写真・2日目残留を決めた大山・高本ペア>

 10月27日、同志社大学多々羅キャンパステニスコートにて平成30年度関西学生ソフトテニス新人大会(1日目)が行われた。   
  関学からは6組が出場。その内、半田(法2)・芳地(人2)ペア、小林(人2)・村井(文2)ペア、大山(商2)・高本(総1)、福田(教1)・高橋(経1)の4組が2日目残留を決めた。
  次戦はあす、同志社大学京田辺キャンパステニスコートで2日目が行われる。

[本日の試合結果]
[2日目残留]
半田・芳地
☆5-0  宗行・大橋(滋賀短大)
☆5-4石原・半田 (履正社)

小林・村井
☆5-4八十川・外山(神大)
☆5-2阿部・佐田(武庫女大)

大山・高本
☆5-1城井・東浦(関外大)
☆5-1武田・東藤(同女大)

福田・高橋
☆5-0山村・中瀬(大体大)
☆5-0大北・安田(松蔭大)

[1回戦敗退]
西村(総2)・吉本(人2)
★2-5 中島・小澤(桃学大)

牛留(文1)・中本(文1)
★3-5青木・関口(同大)

試合後のコメント
2日目残留を決めた大山千尋・高本侑加ペア「悪い流れになりかけていたのを止められたのが、きょうの結果につながった。息の合ったプレーを見せることができたと思う。あしたは初戦から簡単に勝てる相手ではないので、最初からエンジン全開で戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です