【硬式野球部】 チャンス生かせず関大に敗北

<写真・守備でファインプレーを見せる中西>
   10月20日、京都府わかさスタジアム京都にて、平成30年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第8節(対関大1回戦)が行われた。関学の先発は、小田(経3)。初回を三者凡退に抑えるも、2回に2者連続二塁打を許し3失点。4回まで投げ、降板した。続いて登板した加藤(社2)が1イニングを投げ、6回からは藤井(法4)がマウンドに。6回を三者凡退に抑える好投を見せるも、7回に2本の二塁打を浴び1点を追加される。8回に登板した深見(総3)に続いて登板したのは神野(商4)。先頭打者を三振に打ち取るも、続く打者に本塁打を浴び、ダメ押しの追加点を許した。一方の打線は、相手の先発投手の山本に歯が立たず。3回まで無安打5奪三振に抑えられる。5回に先頭の姫野(社4)が敵失の間に出塁。続く髙尾(社3)の安打などで打線をつなぎ、1点を返した。7回には先頭の髙尾から次々と塁を進め、無死満塁に。だが、チャンスを生かしきれず無得点に終わった。その後も再三チャンスが訪れるも、得点とはならず。1-5で敗北を喫した。
   次戦はあす、同会場にて対関大2回戦が行われる。
【関学】小田、加藤、藤井、深見、神野-大上(商3)
【関大】山本、高野、濱田、森-高橋
[本塁打]関大:倉川
[二塁打]関大:松島、高橋、太田、多田、倉川
試合後のコメント
木内監督「関大のピッチャーは、少しランナーを出してもそのあと勝負してくる。そこが違う部分。バッティングは良いところまで詰められたが、詰めが甘かった。あすは何とか先制したい。リードされたら必ず逆転する」
片山翔太主将(商4)「4回までランナーを出せず、流れをつくることができなかった。チャンスで1点しか返せなかったことが残念。そこで同点にできていたら流れが変わっていたと思う。あす負けたら終わってしまう。先制して流れをつくりたい。4ボール、エラーなどをいかに点数に結びつけていくかが鍵となる。1試合でも多く戦うためにどんな展開でも勝つ」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です