【アメリカンフットボール部】 京大戦後の監督・選手コメント

<写真・第4Qにダメ押しのTDを決めたRB渡邊>

鳥内秀晃監督「うちは鈍臭いな。1本取られたら、逆転という状況で、反則や取れるパスを取れていない。現役には京大は強いぞって言うてたけど分からんみたい。えげつない執念で前半はTDを取れないという結果になった」

#10QB光藤航哉主将(経4)「勝てたことは大きい。ゴール前でTDが取れず、まだまだ4年生が甘いなと感じた。前半はディフェンスとクッキングに助けられてばかりだった。次戦から強いオフェンス、ディフェンスで強い関学を表現したい」

#96TE荒木将太副将(商4)「準備をしっかりしてきたが、ディフェンスを助けられなかった。終始京大のペースで試合をさせてしまったことが悔しい。京大は死ぬ気で来ていたが、関学は気持ちで負けていたと思う。気持ちで勝たなければライスボウルで勝って日本一にはなれないので、強化していきたい」

#25DB横澤良太副将(商4)「厳しい試合だった。ディフェンスとしてメンタルがやられた。試合を通してTDを取られなかったことは良かったと思う。きょうはナイスディフェンスだった。これから関大、立命大と続くビッグゲームを無失点で完封勝利を目指す」

第4QにTDにつながる34㍎のパントリターンをした#80WR尾崎祐真副将(人4)「その前に2本捕れたボールを捕れなかった。こういうところで何とかしたいなと思って前に走った。パントリターンはこだわりがあってやってきていたので、ポジションとして好き。パントリターンからオフェンスにいいポジションを与え続けたい」

第4Qにゴール前1㍎からTDを決めた#34RB山口祐介(商4)「久しぶりの試合で、なおかつビッグゲームでかなり緊張した。TDのシーンはRBが取らないといけない状況だったので、意地で取った。だが、個人的にはロングゲインできず、まだまだできるプレーではなかった。次戦は自分がランでガンガン稼いで、QBを楽にさせてあげたい」

第4Q終了間際にダメ押しのTDを決めた#6RB渡邊大(神3)「絶対に決めないといけない場面だった。左オープンを持ち味のスピードとカットバックでうまく抜けれたと思う。RBの多くが4年生の中で、自分も同じ強い気持ちを持って引っ張っていこうと思えている。ボールをもらったら全部独走して、チームとしてもRBパートとしても日本一になりたい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 岡本義範 より:

    昨年んの甲子園ボウルの悔しさを真正面からぶつけよう。
    あのスタンドでの敗戦は見たくない。

    現役時代(バドミントン部所属;現在66歳)あの日大のサソリQBの60ヤードのタッチダウンパス(?)。
    我が輩は観覧に行ってないが、同級生が興奮しながら事後、教えてくれて悔しさが分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です