【バドミントン部男子】 北里が自身初の全日本総合出場決定!

〈写真・インカレベスト8に輝いた北里〉
   10月17日、京都府ハンナリーズアリーナにて、第69回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・シングルス、ダブルス2日目)が行われた。
   本日はシングルスとダブルスの4、5回戦が行われた。ダブルスでは竹内裕(経4)、鍵谷(人3)ペアが4回戦に登場。日体大の強豪ペアに食らいつくも、ストレート負けを喫した。だが、自己最高のベスト16で今大会を終えた。シングルスには北里(総4)が出場。4回戦では、2年連続で敗れていた三橋(日大)に3度目にして初勝利を挙げた。ベスト8進出を果たし、全日本総合出場を決めた。続く準々決勝では昨年度王者、古賀(早大)にストレート負けするも、自己最高成績のベスト8となった。
   全日本総合バドミントン選手権大会は、11月26日〜12月2日に駒沢オリンピック公園総合運動場体育館にて行われる。
【試合結果】
・ベスト8
北里元輝 
4回戦 ☆2-0 三橋(日大)
準々決勝 ★0-2 古賀(早大)
・ベスト16
竹内裕也・鍵谷由輝ペア
4回戦 ★0-2 玉手・山下ペア(日体大)
試合後のコメント
ベスト8に輝いた北里元輝「全日本総合に出場できて本当にうれしい。自分には縁がないと思っていたし、夢のような場所。最後の年でベスト8に入れて良かった。粘り強く、1本1本に集中してプレーできたのが勝てた要因だと思う。今年1年間は本当に楽しかったし、合格点をあげられるくらいの結果を残すことができた。最後の年は負けたくないという気持ちと、エースの自覚がここまで頑張ってこれた理由だと思う。団体戦ではほとんどの試合でチームに1勝をもたらすことができて、貢献できたと思う。全日本総合ではまず本戦に出られるように頑張って、楽しみながら関学のエースとして自覚を持って戦いたい」
SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 岡本義範(武生 龍) より:

    バドミントンの後輩;北里選手プレーは勿論、行動・言動などすべからく敬意を表するものです。
     西日本大会の関学大生の姿を男女諸君のプレーを見て、やってくれるとは思っていた。
    北里選手の活躍、全日本学生バド大会で男子シングルスベスト8。女子ダブルスもベスト8
    優勝した古賀選手には負けはしたが、流石だと感激。来る11月の全日本バド大会の予選突破どころか、欲を出して本戦の出場を期待しています。
     相手がミスするまでミスしない。関学の魂と言うべく・ド・ロ・ク・サ・ク、そうすれば、勝てる。1本1本の大切さを認識することが、勝利につながる。
     そのことを皆が認識すること、と共に、もっと世界のプレーを観覧して、飛躍の本年。
     我が関学バド部の礎にして戴きたい。

    『夢は見るものではない。実現してこそ、初めて夢となる。』
        (鳥取県の倉吉から岡本義範;1975年卒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です