【バドミントン部男子】 エース北里がシングルス16強入り!

〈写真・チームで唯一、4回戦進出を決めた北里〉

   10月16日、京都府ハンナリーズアリーナにて、第69回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・シングルス1日目)が行われた。
   本日はシングルス3回戦までが行われ、関学からは7名が出場。5名が2回戦進出を果たすも、全国の壁は高く、3回戦までに6名が姿を消した。だが、2回戦から登場したエース北里(総4)が圧倒的な強さで2戦連続のストレート勝ち。チームで唯一、シングルスで4回戦進出を果たした。
   あすは同会場にて、男女シングルスとダブルスの4、5回戦が行われる。

【試合結果】
・1回戦敗退
岡田(商2)★1-2
原田(社1)★0-2

・2回戦敗退
平岡(国1)★0-2
石川(文4)★1-2
中原(商4)★0-2
戸内(人2)★0-2

・3回戦敗退
山下(人4)★0-2

・4回戦進出
北里 ☆2ー0

試合後のコメント
ベスト16入りを果たした北里元輝「きょうは1本1本に集中してプレーすることができた。粘り強く戦えたのが勝因だと思う。でも、次の試合に勝たないと全日本総合には出られない。あすの試合でどれだけ自分のベストパフォーマンスを出せるかが重要になってくる。次の相手は2年連続で負けている相手。3度目の正直として、死ぬ気で勝ちに行く。自分からミスをすれば勝てないから、とにかくミスをせずに攻めていきたい。インカレが自分自身の集大成。力を全て出し切ってあさってにつなげられるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です