【バドミントン部男子】 全日本個人、ダブルスで竹内・鍵谷ペアが4回戦進出!

〈写真・3回戦を突破した竹内・鍵谷ペア〉
   10月15日、京都府ハンナリーズアリーナにて、第69回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦・ダブルス1日目)が行われた。
   関学からは5組が出場。石川(人4)・山下(人4)ペアはシードで出場したが、法政大に許したリードを取り返せず、2回戦敗退となった。竹内(経4)・鍵谷(人3)ペアが3回戦で法政大を相手にフルセットの末勝利。チームで唯一、4回戦に進出を果たした。
   あすは同会場にてシングルスが行われる。
【試合結果】
・1回戦敗退
平岡(国1)・酒井(教1)★1ー2 
西原(国3)・川波(社2)★0ー2 
中原(商4)・福原(社3)★0ー2
・2回戦敗退
石川・山下★1ー2
・4回戦進出
竹内・鍵谷 ☆2ー1
試合後のコメント
竹内裕也・鍵谷由輝ペア「3回戦は格上相手だったから、勝てて素直にうれしい。自分たちは失うものは何もない。とにかく攻めようと思っていた。相手もどこかで勝てるだろうという隙があったと思う。特に2ゲーム目以降は粘りのプレーができた。昨年までは2人ともベスト32にすら入ったことがなかった。最後の最後で自己最高の成績を残せてとても良かった。でも、まだ戦いは終わっていない。次の相手もチャレンジャーの気持ちで戦って勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です