【硬式野球部】 同大討ち! 8季ぶりのAクラスへあと2勝!

<写真・今試合、猛打賞を記録した重村>
   10月14日、大阪府南港中央野球場にて平成30年度関西学生秋季リーグ戦第6節(対同大3回戦)が行われた。関学は7-4で勝利。同大から勝ち点を奪った。
   両軍2桁安打の乱打戦を制した。関学は、初回に赤川(法4)が出塁すると、髙尾(社3)の適時打で先制に成功する。続く2回は、敵失の間に2点を追加。3回には、1死ニ、三塁から比嘉(社4)の適時打で4ー0とする。その裏、1点を返され迎えた4回。姫野(社4)と片山(商4)の適時打などで、さらに3点を加え、序盤に大量得点を挙げる。投げては先発の小田(経3)が、5回1失点。今季3勝目を挙げた。関学は15安打の猛攻で、7ー4で勝利。同大から勝ち点を奪った。
   次戦は10月20日、京都府わかさスタジアム京都にて第7節対関大1回戦が行われる。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 1 2 1 3 0 0 0 0 0 7
同大 0 0 1 0 0 0 1 1 1 4
【関学】小田、黒原(社1)-大上(商3)
【立命】福島、難波、村居、溝田、高橋、仲野-栗林
[二塁打]関学:姫野
試合後のコメント
片山翔太主将(商4)「序盤に相手のミスもあり、大量に点が取れた。後半にもう1点を取れなかったことが課題。秋になって投打がかみ合っている。投手陣には感謝したい。長年、関大から勝ち点が取れていないので、連勝して勝ち点を取る」
今試合猛打賞の重村健太「太一(赤川)が出たらバントで、先頭だったらヒットで、とにかくチャンスメイクしようと思った。打率も上がってきて、調子は良くなっている。みんな思っていることだと思うが、最後はほんまに勝ちたい。2連勝で野球人生の最後にしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です