【ボクシング部】 慶大に3-6で敗北も意地見せる

<写真・判定勝ちで大学初勝利を挙げた久高>

   10月13日、関西学院大学ボクシング場にて慶大との定期戦が行われ、関学は3-6で敗れた。序盤の3試合を落とすも、バンタム(B)級の久高(法1)が大学初勝利。チームに流れをもたらすと、ライト(L)級の荒木(法2)、ミドル(M)級の前田(商2)も力強いボクシングで勝利を挙げた。3勝止まりとなったが、関東の強豪相手に互角の戦いを見せた。
   次戦は12月15日、関西学院大学ボクシング場にて立教大との定期戦が行われる。

【試合結果】
ライトフライ(LF)級  高橋(文3)判定負け×
フライ(F)級  李(経2)判定負け×
B級  元永(商3)2回RSC負け×
B級  久高  判定勝ち○
L級  松井(教1)判定負け×
L級  荒木  判定勝ち○
ライトウェルター(LW)級  内藤(文3)3回RSC負け×
ウェルター(W)級   坂根(商3)判定負け×
M級  前田  2回RSC勝ち○
試合後のコメント
元永光太郎主将「新チームになって初めての試合だったが、不甲斐ない結果となってしまった。だが、辻(文2)(前哨戦で勝利)や久高が大学で初めて勝ってくれたので、収穫もあった。12月には立教大戦があるので、2カ月で課題を修正して、今シーズンをいい形で締めくくりたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です