【バドミントン部女子】インカレ団体、粘り見せるも2回戦敗退

〈写真・試合後、4年生を中心に記念撮影する部員たち〉
   10月13日、島津アリーナ京都にて第69回全日本学生バドミントン選手権大会の団体戦が行われた。
   初戦は新潟大と対戦。第1シングルスの蘭(社4)が大差をつけてストレート勝ちを収めると、続く第2シングルスの山中(経3)も第2セットで調子を上げ、快勝した。第1ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアも連続得点を重ねていき、勝利。チームは先に3勝を挙げ、1回戦を突破した。2回戦は専修大と対戦。第1シングルスの蘭が攻めのラリーを見せ、最後は力強いショットで勝利を決めた。続く第2シングルスの上田(文3)はフルセットまで持ち込むも勝ち切れず。第1ダブルスの北谷(人4)・澤田(教2)も粘りを見せたが、フルセットの末敗れた。ゲームカウント1ー2と後がない中、第2ダブルスの結城・佐々木ペアがリードを許しながらも確実な1点を返していったが、勝利に届かず。ゲームカウント1ー3で敗れ、2回戦敗退となった。今大会をもって、4年生は最後の団体戦を終えた。
   あさってからは京都府ハンナリーズアリーナにて、同大会個人戦が行われる。
【試合結果】
・1回戦 対新潟大
S1蘭 ☆2ー0
S2山中 ☆2ー0
D1結城・佐々木 ☆2ー0
・2回戦 対専修大
S1蘭 ☆2ー0
S2上田 ★1ー2
D1北谷・澤田★1ー2
D2結城・佐々木★0ー2
試合後のコメント
重信萌夏主将(人4)「実習のため、選手としては間に合わなかったが、最後の1セットで全員が食らいついていく試合を見ることができ、自分も最後まで戦えて良かった。幹部としてうまくいくことの方が少なかった中で、悩むこともたくさんあった。どこまで後輩に残せるものがあったかは分からないが、応えようとしてくれた後輩に、付いてきてくれてありがとうと言いたい。団体戦は終わってしまったが、個人戦が残っている。インカレが終わるまでがこのチーム。授業で来れない人、メンバーに選ばれなかった人もいる。それでも、それぞれが目標を達成できるように、支え合っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です