【アメリカンフットボール部】甲南大戦後の監督・選手コメント

<写真・今季初TDを決めたRB富永>

鳥内秀晃監督「立ち上がりは予定通りだった。4年生のQBに代わってからリズムが悪くなった。今のチームはマイペースにやりすぎ。あの2人(QB光藤とQB西野)が今のままだと無理。(次戦は今季2敗している京大戦ですが)やられないように頑張る」

 

光藤航哉主将(経4)「毎試合、反則が出ていて0にならない。きょうは副将の荒木も反則を犯し、真剣に向き合わないといけない。初戦からチームは何も変われていない状況。京大は目の色を変えて関学を倒しにくる。今までの課題をつぶさないと勝てないので、まずは反則0を目指す」

#80WR尾崎祐真副将(人4)「反則を4年生がしてしまっていることが本当にダメ。49点以上を目標にしていたが達成できず、ディフェンスもずるずるいかれた。これからのビッグゲームでしていたら絶対に勝てない。次戦の京大は関学に懸けてくる。相手を上回る気迫で立ち向かっていきたい」
#96TE荒木将太副将(商4)「反則0を目指して求めてきたにも関わらず、自らが反則をしてしまった。細かいミスも多く、今後のビッグゲームではそれが命取りになる。自分も含め、4年生がまだまだ甘い。次戦で対戦する京大は関学に照準を合わせてくると思うので、あらゆる想定をしてしっかりと準備をして臨みたい」
#25DB横澤良太副将(商4)「本当に反則が多い。練習がまだまだぬるいことが今の結果につながっていると思う。次戦は因縁の京大との対決。相手は半端ない覚悟と気持ちでくる。今の状態では気持ちで負けてしまうと思うので気持ちを強く持って練習していきたい」
2TDを決めた#6RB渡邊大(神3)「オフェンスとしての反則をしないという目標を達成できず、なかなか自分でも満足できていない。その中でも良かったのは第1QでRBでTDを取り、少しでもゲームメイクできたこと。次に戦う京大は自分の能力だけでは突破できない相手。前に進む力をさらにつけ、立命大戦まで駆け抜けたい」
第2QにTDパスをキャッチした#4WR鈴木海斗(人2)「一球に懸ける強い気持ちで臨んだ。今季初TDを親友の奥野(商2)と決められたのがすごくうれしい。これからのビッグゲームでは、さらに一球の大切さが問われる。技術をさらに上げて、次戦もTDを決めたい」
復帰2戦目でTD決めたRB富永将史(商4)「久々のTDでうれしかった。前節で同じシチュエーションを取り切れなかったので、喜びは大きい。けがで選手を続けるか悩んだ時期もあったが、少しでも活躍したいと思った。今はまだまだだが、RB山口(商4)やRB中村に割って入りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です