【準硬式野球部】 まさかの逆転負けで引き分けを挟み3連敗

<写真・8回に逆転された関学>
    10月4日、大阪府南港中央野球場にて平成30年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦の第4節2戦目が行われ、関学は立命大に4-6で敗れた。
    関学は2回2死から前山(人2)の適時打で先制に成功する。5回2死一、三塁には菱谷(商1)が適時三塁打を放ち、2点を追加。7回にも内安で追加点を挙げ、4-0とする。だが、その裏に2点を返される。さらに、8回に連打を浴び4失点。終盤に流れを渡し、4-6で立命大に敗れた。
    次戦は10月6日、京都府同志社大学京田辺キャンパスにて第2節2戦目対阪大が行われる。
【関学】小柳(教1)、恵(商2)、中村祐-前田(社3)
試合後のコメント
梅原塁副将(人3)「負けが続いているので、残り3戦は勝ちたい。阪大はいい雰囲気で、関大につなげる。きょうの試合はきょうの試合で、切り替えたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です