【硬式野球部】 劇的サヨナラ勝利! 黒原が自身初完投!

<写真・サヨナラ勝ちを収め喜び合う選手たち>

 9月28日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成30年度関西学生秋季リーグ戦第2節(対近大2回戦)が行われた。関学は2-1で勝利。延長10回までもつれ込んだ投手戦を制した。

 2回、本塁打を浴び近大に先制を許す。関学も6回に4番髙尾(社3)の本塁打で同点に追いつく。その後も、両校投手の投げ合いで投手戦を演じ、勝負は延長戦へ。10回裏、関学は8番片山(商4)が左安で出塁。2死三塁で近大は2者連続申告敬遠で歩かせる。最後は代打岩井(商2)が押し出し四球を選び、サヨナラ勝利となった。投げては先発の黒原(社1)が、10回を投げて本塁打1本の1失点。7奪三振の好投で、自己最長イニングを投げ初の完投勝利を収めた。

 次戦は10月5日、同会場にて第2節対近大3回戦が行われる。

【近大】小寺、村西、鷲崎、村山-川上

【関学】黒原-大上(商3)、板倉(教3)

[二塁打]近大:川上

関学:姫野

試合後のコメント

木内祥晴監督「黒原の投球に尽きる。序盤はチャンスをつくるも、あと1本が出なかった。粘りに粘って、最後は押し出しでサヨナラ勝ちを収めた。きょうは理想的な勝ち方。残りの試合も、目の前の一戦を勝ち切る」

片山翔太主将「接戦をものにできて良かった。野手全員、黒原に勝ちをつけたい思いで必死だった。代打で出た3年生もバントをしっかりと決めてくれ、2年生の代打岩井も押し出し四球。執念でつかんだ勝利となった。」

自己最長イニングを投げ完投勝利した黒原拓未「きょうはうれしい。変化も真っ直ぐも良かった。緊張感のある試合で勝ち切れたことは、自分もチーム的にも大きい。いい投手が多くいる中で大事な試合を任せてくださっている。皆さんの代表という意識を持って期待を裏切らないように投げていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です