【準硬式野球部】 上村が完投も引き分け

<写真・9回完投を収めた上村>
 9月28日、大阪府大阪シティ信用金庫スタジアムにて平成30年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦の第3節2戦目が行われ、関学は同大に0-0で引き分け。 上村が好投を見せるも、打線が無得点と沈黙した。
    秋季リーグ戦優勝へ負けられない一戦となった今試合。関学は2回工藤(人3)が四球を選ぶと、そこから2死満塁に。だが、真鍋(経1)が中飛に打ち取られ無得点。先制の機会を逃す。先発の上村(経1)はその裏に連続安打を浴び、2死満塁のピンチに。ここは三振で切り抜け、相手に流れを渡さず。その後は両校の投手陣が奮闘。特に上村は3回以降被安打2に抑える完璧な投球を見せた。その後、上村は9回を投げ切ったが、打線が機能せず。0-0で引き分けとなった。
    次戦は10月3日、大阪府大阪南港中央野球場にて1戦目(対立命大)が行われる。
試合後のコメント
梅原塁副将(人3)「また勝てる試合を落としてしまった。同大戦は2戦ともそんな感じだったので本当に悔しい。上村は直球のキレも良く、後ろから守っていても頼もしかった。投手陣は上村を見習ってほしい。打つ方もきょうは当たりがなかったが、合宿から取り組んでいる強く振ることはできていたと思う。次戦はチーム一丸となって勝ちを取りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です