【硬式野球部】 投打がかみ合い今季初の勝ち点!

<写真・9回1失点の好投でリーグ戦初勝利を挙げた小田>
    9月23日、兵庫県ほっともっとフィールド神戸にて平成30年度関西学生秋季リーグ戦第4節(対京大2回戦)が行われた。関学は7-1で勝利。連勝で今季初の勝ち点を奪った。
    関学は初回に赤川(法4)の安打でチャンスをつくると、敵失の間に1点を先制する。その後3回と5回に1点ずつ加点。7回には重村(経4)から4者連続で安打を放ち、4得点を挙げて突き放した。投げては先発の小田(経3)が、9回を投げて1失点と好投。自身初の完投と勝利でチームの勝ち点奪取に貢献した。
    次戦は9月28日、大阪府南港中央野球場にて第2節対近大2回戦が行われる。
【京大】樋川、横田、坂下-村山
【関学】小田-大上(商3)
[二塁打]京大:木村律
関学:中西、姫野
試合後のコメント
片山翔太主将(商4)「負けることのできない試合で、勝てて良かった。打者はチャンスでしっかりと打てて、投手にいい流れをつくれた。負けられない試合が続くが、一戦必勝で向かっていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です