【バスケットボール部男子】 全員バスケで宿敵大院大に大勝!

 

<写真・シュートを放つ古家>

   9月23日、関西大学東体育館にて、平成30年度関西学生バスケットボールリーグ戦第6戦が行われ、関学は大院大に81-61で勝利した。第1クオーター(Q)序盤は重い流れに。高山(経4)、古家(経3)を中心に得点を重ねるも、わずかにリードを許す。だが、第2Q開始直後の中野(法4)のシュートを皮切りに流れが爆発。岡崎(商3)や坂本(法3)が連続シュートを決めるなど、一気に相手を突き放した。続く後半戦も勢いは衰えず。チーム持ち前のディフェンスからのリズムに乗り、着実に得点を重ねた。そして、23点リードで迎えた最終Qにはベンチメンバーがフル出場。全員バスケで大勝をつかみ、リーグ戦開幕6連勝となった。次戦はあす、同会場にて同大と対戦する。
1 2 3 4
関学 21 24 22 14 81
大院大 23 7 14 17 61

 

試合後のコメント
高山寛史主将「きょうは入りは重かったが、徐々に流れに乗れて良かった。1人1人が自分の役割を理解して、チームのために戦えたのが6連勝につながったと思う。あす戦う同大も勢いに乗るチーム。しっかりと対応して、ディフェンスからリズムをつくって勝ちたい」
松本尚太学生コーチ(経4)「今シーズンで1番いい試合だった。流れが悪いときでも古家を中心に声を出して、コートの中で修正できたのは良かった。きのうの反省を生かして、40分間自分たちのバスケを崩さなかったことが勝因。あすの同大戦もやることは変わらない。疲れもたまっていると思うが、全員で相手の勢いを止めたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です