【ソフトテニス部女子】 秋季リーグ戦優勝で、新体制スタート

image1.jpeg
<写真・秋季リーグ戦を制し、笑顔を輝かせる部員たち>

 9月23日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成30年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦2日目が行われた。
 2勝1敗で迎えた2日目。きのうの2連勝の勢いそのままに、4試合目の関外大に全勝で勝利。最終戦の天理大戦は中村(文3)・村井(文2)ペアが競り負けるも、シングルスで福田(教1)が暗雲を吹き飛ばし、粘り勝ちを収めた。最後は半田(法2)・山口(経3)がストレート勝ち。2勝1敗で勝利を収めた。この結果、秋季リーグ戦を4勝1敗で終え、3年ぶりの優勝となった。

本日の試合結果
対関外大
小林(人2)・村井 ☆4-1
福田☆4-1
半田・山口 ☆4-1

対天理大
中村・村井 ★3-4
福田☆4-3
半田・山口 ☆4-0

試合後のコメント
中村仁菜主将「優勝することができて、うれしい。今回の結果はチーム全員のおかげ。本当に感謝している。目の前の1戦1戦を勝ちにいくことで、優勝につなぐことができた。新体制としていいスタートが切れたと思う。次に目指すのは、春季リーグ戦優勝。今度は迎え撃つ側なので、厳しい中でも勝ち抜けるチームになっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です