【アメリカンフットボール部】 龍大戦後の監督・選手コメント

<写真・30㍎のタッチダウンパスをキャッチしたWR阿部>

鳥内秀晃監督「通せるパスが通せないのはあかん。きょうは向こうのミスで完封試合できたが、こんなにうまくいかん。4年生QB2人とも状況判断ができていない。練習時間が足らん。4年生がまだまだ本気になれていない。まだまだ甘いと感じている」

#10QB光藤航哉主将(経4)「初戦からここまで反則が多すぎる。ビッグゲームになると反則で負けることもあるので、なくしていきたい。自分も勝負どころで決められなかった。これから一戦一戦、日本一になれるよう、課題をなくしていく」

#96TE荒木将太副将(商4)「反則0もターンオーバー0もファーストシリーズでのTDもできておらず、オフェンスとしての近大戦からの反省を改善できていない点がまだまだ。闘争心は少しずつ出てきたと思うので、さらに大きなゲームに向けて練習から本気で臨み、オフェンスとしての目標を達成したい」

#25DB横澤良太副将(商4)「結果的には完封できて良かったが、内容で圧倒できなかった。初戦から、まだまだ課題に向き合えていない。一戦一戦、成長していかないといけない。次戦は内容で圧倒した上で、完封勝ちしたい」

#80WR尾崎祐真副将(人4)「ほんまに全然だめだった。準備の甘さが出てしまった。普段の練習、私生活から真剣に取り組んでいかないといけない。もう一度、課題を見つめ直して、全員で取り組んでいく」

今試合3TDを決めた#26RB中村行祐(商4)「3TDできたことは良かった。ただ、RB全体としては、個人技でロングゲインする機会がなかった。パスが通らないときに、攻撃のリズムをつくるのはRB。次戦はセーフティとの1対1で勝って、ロングゲインしたい」

ロングパスでTDを決めた#81WR阿部拓朗(社3) 「ロングパスをつかめた瞬間、本当に気持ち良かった。ここまでロングパスを意識して練習してきて、しっかりと結果に出せたのはうれしかった。反則などまだまだ足りないところが多くあるが、ビッグゲームに向けて課題を減らしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です