【アメリカンフットボール部】RB中村の大活躍で完封勝利!

<写真・今試合3TDを決めたRB中村>

    9月23日、兵庫県王子スタジアムにて関西学生アメリカンフットボールリーグ戦(Div.1)第3節が行われた。関学は龍大と対戦し、38-0で勝利した。
   第1クオーター(Q)序盤はチャンスの場面で思い通りのプレーをさせてもらえず、タッチダウン(TD)には結びつかない。しかし、第1Q残り5秒に#6RB渡邊(神3)が6㍎を走り切り、チーム初のTD。第2Qにつなげた。第2Q残り20秒には#26RB中村(商4)が中央をダイブし、そのままTDを決め、会場を沸かせた。中村の勢いは止まらず、第3Qの残り7分2秒にもダイブでTD。その後、3分後にもTDを決め、今試合3TDを達成した。第3Qには#18QB西野(社4)から#81WR阿部(社3)へのロングパスが成功し、そのままTDを決めた。ディフェンスでは、#36DB荒川(経4)がインターセプト。DB北川(人1)も3試合連続でインターセプトを決め切った。攻守で活躍し、完封試合の38-0で勝利を収めた。
   次戦は10月7日、兵庫県王子スタジアムにて甲南大と対戦する。
試合後のコメント
鳥内秀晃監督「通せるパスが通せないのはあかん。きょうは向こうのミスで完封試合できたが、こんなにうまくいかん。4年生QB2人とも状況判断ができていない。練習時間が足らん。4年生がまだまだ本気になれていない。まだまだ甘いと感じている」
#10QB光藤航哉主将(経4)「初戦からここまで反則が多すぎる。ビッグゲームになると反則で負けることもあるので、なくしていきたい。自分も勝負どころで決められなかった。これから一戦一戦、日本一になれるよう、課題をなくしていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です