【卓球部】 秋季リーグ戦、男子は春秋連覇!女子は関西2位!

<写真・表彰式後、記念撮影をする選手たち>

    9月16日、京都府京都市体育館にて平成30年度秋季関西学生卓球リーグ戦最終日が行われた。男子は立命大、女子は近大と対戦した。

     男子は1番手の廣田雅(経3)、2番手の大西尚(商2)は力を出せず敗北。しかし、続く3番手の佐藤(国4)が3-2で接戦をものにし、チームを勢いづけた。流れに乗り、ダブルスと5番手の高橋(商3)がストレート勝ち。6番手卯木(法3)は敗北。だが、7番手の備本(経4)が最後の試合を制し、4-3で立命大に勝利。見事全勝優勝を果たした。

    一方、女子は1番手の小脇(社2)がストレート勝ちで流れを作るも、2番手の青木(社4)が1-3で敗北。だが3番手の津隈(商4)、4番手の池上(教4)ら4年生の活躍で流れを引き戻す。続く5番手の池上がストレート勝ち。6番手の宮脇(国3)も3-1で勝利した。近大に4-1で勝利し、関西2位に輝いた。

試合結果 

男子団体 

対立命大   ☆4ー3

1廣田雅★1ー3

2大西尚★0ー3

3佐藤☆3ー2

4高橋・廣田雅☆3ー0

5高橋☆3ー0

6卯木★0ー3

7備本☆3ー1

女子団体

対近大   ☆4ー1

1小脇☆3-0

2青木★1-3

3津隈☆3-2

4池上・青木☆3-0

5池上☆3-0

6宮脇☆3-1

試合後のコメント

備本将男子主将「春秋連覇できてうれしい。女子も力を出し切っていたと思う。きょうはライバルの立命大と対戦したが、うまくいかないことも多かった。でも、みんなが焦らず切り替えてくれた。ここまで付いてきてくれたみんなに感謝している」


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です