【バドミントン部男子】 龍大に2-3で敗れ今季初黒星

<写真・第2ダブルスで勝利した石川(左)・山下ペア>
  9月16日、近畿大学記念会館にて平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦(対龍大)が行われた。
  第1シングルスに入った戸内(人2)が接戦を展開するも、0-2で敗れた。第2シングルスの北里(総4)がストレート勝ちで、リーグ戦の連勝記録を24に更新。続く第1ダブルスの竹内裕(経4)・鍵谷(人3)ペアが第1セットを先取するも、逆転負けを喫した。ゲームカウント1-2となり、負けが許されない状況。第2ダブルスの石川(文4)・山下(人4)ペアがエースダブルスの意地を見せ、勝利した。だが、最後は第3シングルスの中原(商4)が0-2で敗れ、ゲームカウント2-3で龍大に敗北。今季初黒星となった。
次戦はあす、関西大学にて同大会最終戦(対立命大)が行われる。
本日の結果
S1 戸内★0-2
S2 北里☆2-0
D1 竹内裕・鍵谷★1-2
D2 石川・山下☆2-1
S3 中原★0-2

試合後のコメント
石川泰成主将「龍大は西日本のメンバーよりも戦力的にダウンしていたが、負けてしまったのは悔しい。自分たちよりも層の厚さを感じた。個人的にも勝つことはできたが、チームを勢いづけられる勝ち方ができなかった。このチームで戦うリーグ戦もあすが最後。相手に向かっていく気持ちを忘れず、チーム全員で戦いたい。そして、5-0で勝利できるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です