【バドミントン部女子】 同大に4-1で勝利!秋季リーグ戦3勝1敗で最終戦へ

<写真・第1シングルスとして出場した重信>
 9月16日、近畿大学記念会館にて、平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦(対同大)が行われた。
   第1シングルスに重信(人4)が出場。序盤に10点差をつけられ、第2セットを落とすも第3セットで巻き返して勝ち切った。続く第2シングルスの蘭(社4)、第1ダブルスの重信・村田(経2)ペアが共に強気なプレーでストレート勝ち。関学の勝利を決めた。しかし、第2ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアが粘り強く戦うも、敗北となった。続く第3シングルスの上田(文3)が、第3セットまで持ち込む接戦を繰り広げるも、積極的に攻め、勝利。ゲームカウント4-1で同大に勝利した。
 あすは関西大学体育館にて、同大会最終戦(対立命大)が行われる。
 
本日の結果
S1重信☆2-1
S2蘭☆2-0
D1重信・村田☆2-0
D2結城・佐々木★0-2
S3上田☆2-1
試合後のコメント
重信萌夏主将「きのうの負けから、きちんと切り替えて勝ち切れたので良かった。きょうは応援の仕方や席取りから考え、チームみんなで戦えるようにしたことが、勝因の1つ。あすはリーグ最終戦。得点にこだわらず、自分のすべきことをするのが大事だと思う。また、このメンバーでリーグに参加するのは最後なので、みんなとバドミントンができる喜びをかみ締めながらプレーしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です